デグーの不正咬合とは

先日我が家のうに♀さんの下の歯が2本折れてしまいました。
おそらく原因はケージの金網かじりだと思います。

不正咬合
デグーの不正咬合

こちらの写真。下の歯が1本なくなって見えるのがわかるでしょうか。

デグーの歯は一生のび続けます。
そのためチモシーやペレットかじり木をかじり自身で歯を削り長さの調整をしております。
人間の爪のようなイメージかと思います。

目次

不正咬合とは

最初の写真のように片方の歯が折れてしまったりして噛み合わせが悪くなることを不正咬合と言います。

不正咬合の症状

不正咬合の症状
・食欲不振 ・よだれ
・体重減少 ・くしゃみ ・めやに

などが挙げられます。

不正咬合の原因

不正咬合になると硬いものが食べられなくなり、食欲不振。そこから様々な病気に繋がります。
我が家の場合はおそらく金網ケージかじりが原因だと思います。

ケージかじりをしないようしつけと,かじらせない対策が大切です

こちらの写真はちぃ♀です。

デグー 不正咬合
ちぃ♀の不正咬合

上の歯と下の歯が噛み合っていないのがお分かりでしょうか?!
こちらの原因はチモシーなどの草類を食べないことが原因だと思います。

不正咬合の対策は!?

①金網ケージかじりをさせないためにケージかじり以外の娯楽を充実させる!
回し車やかじり木などをしっかり与えてケージかじりをさせないことが大切です。
②チモシーなどの草類を確実に食べてもらう!
チモシーを食べてもらう工夫が必要です!

↑高級チモシーを与えてみる。

アルファルファやオーツヘイなどの嗜好性の高い草を混ぜ与えてみる。

スティック状のチモシーを与えてみる。

不正咬合になったら?

まずは動物病院へ連れていきましょう。
歯の異常だけではなく食欲不振からその他、体調不良を起こしているかも知れません。

少しの欠けであれば病院で歯を削り長さ調整の治療をしていただきましょう。

一度、不正咬合になってしまうと定期的に歯を削る必要があります。
病院通いはデグーさんにも飼い主さんにも少なからず負荷がありますので事前に予防したいですね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デグー22匹と,奥様と仲良く暮らす一般サラリーマン。

コメント

コメントする

目次
閉じる